本文へスキップ

テクノロジーを悪用した集団ストーカー犯罪_認知活動

集団ストーカー軽犯罪/テクノロジ犯罪

  • ヤマシンチャンネルHPは、集団ストーカー軽犯罪/テクノロジ犯罪 認知撲滅を目指しています。
  • 付き纏い「集団ストーカー軽犯罪者、テクノロジー犯罪者」の証拠を記録し残して、付き纏いの事実を公表しよう!!
  • 複数の人間が小動物を手玉に取るかのように、1人の精神をじわりじわり追い詰めていく、それが集団ストーカー軽犯罪者/テクノロジ犯罪者!
メニュー
集団ストーカー軽犯罪者/テクノロジー犯罪者に付いて
付き纏い!嫌がらせ!かも知れない写真
嫌がらせ!付き纏い!かも知れない動画
集団ストーカー軽犯罪及びテクノロジー犯罪に関するリンク

※ 下記は、集団軽犯罪者が作成したらしいマニュアルです。××の部分は、ご覧の方のご想像にお任せ致します。

××学会の敵対者マニュアル

a)××学会への強固な敵対者に対しては、将来的に考えてもその子息子女を落とす必要がある、子息子女の不幸により折れる可能性も高い子息子女へは、××学会へ反発しないよう躾ける。敵対者の子息子女の結婚は、潰す必要がある会員の子息子女の敵であってはならない。

b)会員の商売敵を排除する事は、資金確保の上で重要である商売敵の子息子女も、将来を見据え落とす必要がある、会員の子息子女の商売敵にならぬよう落とし躾ける。

c)敵対者が地域で、高評を受けぬよう計らう。

d)各会員が連帯し、自然と不幸になったように落とす必要がある、くれぐれも会員が疑われてはいけない。

e)敵対者の言に、信頼が集まらないよう計らう。

f)敵対者の安定に、つながる者らも落とす必要がある。

g)常に経済的/心理的に、圧迫させる必要がある。

Twitterタイムラン